社会起業家 



お金儲けより、どれだけ社会貢献出来たかの精神的幸せを目指す

ソーシャルイノベーション(社会起業家)とは

社会起業家は、お金儲けより、どれだけ社会貢献出来たかの精神的幸せを目指し、社会の課題を、事業により解決する人のことです。

社会問題を認識し、社会変革を起こすために、ベンチャー企業を興し、組織化、経営するために、起業します。

社会起業家により行われる事業は、社会的企業と言われています。
今なでの起業家は、典型的には儲けと自分にどの程度報酬があったかで、成功を計るのに対し、
社会起業家は、社会にどれだけ貢献出来たかを成功の尺度にしています。

NPOや市民グループを通した活動が多いですが、収入を確保は、企業や政府のセクターに依存していることもあります。
社会的企業家ともいわれ、ソーシャルイノベーションを起こす人とも定義される。
社会起業家=事業型NPOと考えられがちですが、社会起業家は事業成功による社会貢献を目的としていることから、
当然、株式会社や有限会社の事業形態をとることもあります。

■歴史■
社会起業家と言う言葉は、1960年代と70年代に社会変革を扱う文学の中で始めて使用された。
1950年代から90年代まで、マイケル・ヤングが、社会起業普及に対し、指導的な役割を果たした。
80年代には、イギリスで設立した一連の社会起業学校を含め、60を超える新しい団体を世界で設立した功績を認められ、
「社会起業に世界で最も成功した起業家」と評された。
言葉自体は新しいが、過去の歴史を通して、「社会起業家」にふさわしい存在を見ることが出来る。
初めて看護学校を設立し、現代看護の開発者だったナイチンゲール。
生協活動の設立者であるロバート・オウエン、ビノバ・バーヴェなどが挙げられる。

■現在の社会起業家■
現代的な社会起業家として良く知られているのは、2006年にノーベル賞を受賞した、グラミン銀行の創設者であり経営者であるムハマド・ユヌス氏。
ユヌスとグラミンの業績は、ビジネスの原理が社会起業に統合されたときの絶大な相乗効果を強調する。
*ムハマド・ユヌス氏の業績マイクロクレジット

バングラデシュやアメリカなど、いくつかの国で、社会起業家は、「国家」がやり残した空白を埋める作業をしている。
他の国、特にヨーロッパや南米などでは、社会起業家は国家レベル、地域レベルの双方で、公的機関とより近い状態で活動する傾向にある。
今日では、非営利団体、非政府組織、基金、政府、個人が、世界中の社会起業家に振興・出資・助言を行っている。
多くの大学等が、社会起業家の教育・養成を目的とするプログラムを創設するようになっている。

あなたも社会起業家になってみませんか!

email sizen@syokuyo.com
ページトップ



1.ホーム
2.カテゴリ一覧

Copyright (C) マクロビオティック「食養館」 All rights reserved