ロハス生活(ロハスについて) 



ロハス(LOHAS)の意味とは?

近年になり、流行になった「ロハス(LOHAS)」という生き方。
わかっているようで、ハッキリわからない。。。

ロハス(LOHAS)の意味とは、
米国の社会学者ポール・レイ氏と心理学者シェリー・アンダーソン氏が提唱した
「Lifestyles Of Health And Sustainability」
の頭文字をつないだ造語で、簡単にいうと、「自分自身(及び家族など)の健康と地球環境を意識したライフスタイル」です。

具体的には、

■健康

・食を通じて健康になる
・身体を動かすことにより健康になる
・心を上手くコントロールし健康になる
この三つを平行して取り入れることにより、初めて本当に健康的な生活を手に入れられると思います。

■持続可能なライフスタイル

ロハスの意味を語る際に 持続可能性は、上記の健康的なライフスタイルの持続可能性と取られがちですが、
ここでいう持続可能性の意味するところは、地球環境の持続です。
工場などで有害物質が発生していたり、温暖化が進んだら、今の地球環境がなくなります。
この今の環境を維持する(持続する)ことに意識を向けた考えが、LOHASのS(Sustainability)です。
自分たちの子孫に今のままの地球を橋渡ししたい、もしくはより良い環境を継承したい、ということです。

ですので、ロハスの意味とは、まず自分自身の身も心も健康(綺麗)にし、さらに地球も一つの生命と捉え、
地球の健康(綺麗)にも配慮する生き方ということです。

人間一人一人の力は弱いものですが、多少高くても、エコを意識した家電製品を選ぶ、
環境に配慮した企業から製品を購入する、風力発電などクリーンなエネルギーに目を向ける。等々。。
そういう身近なことから、意識して行動する人が増えたなら、企業も無視できなくなり、
きっとロハスな製品、ロハスを意識した会社が増えると思います。

肉は一切食べない、タバコを吸っている人間は社会悪だ、と敵対視するのではなく、
自分にも地球にも優しいものを少しずつ、ゆっくり、ゆったり取り入れて。。。
それがロハス精神の真に意味するところかもしれません。

●一般的なロハスライフスタイル
■食
野菜・穀物中心の食生活を心がける
肉類・炒め物はできるだけ避ける。
・マクロビオティック・ベジタリアンなど

■身体
身体を鍛える ・散歩・ヨガ・ジョギングなど

■心
道徳的に良いことをする
・募金・ボランティア・ゴミの分別・清掃活動など
リフレッシュ
・音楽鑑賞・楽器演奏・カラオケ・瞑想・読書など

■地球環境
地球に良いことをする
・植林・植樹活動
・グリーンコンシューマになる
・車を持たず、電車や自転車での移動を心がける

自分の出来ることを少しずつ、トライしてみましょう。

email sizen@syokuyo.com
ページトップ



1.ホーム
2.カテゴリ一覧

Copyright (C) マクロビオティック「食養館」 All rights reserved