マクロビオティック
機能性食品 自然食品 自然派化粧品 自然素材雑貨 ナチュラル衣料 自然塗料
意識を変える 私達に出来る事 賢い消費者に 社会起業 本当のお買物 広げよう

Home> 広げよう > 盲導犬を支援する

盲導犬を支援する

盲導犬(介助犬)の実態

視覚障害者の目となり足となり、かけがえのないパートナードッグとして活躍する盲導犬たち。
現在、約900頭が全国で活躍していますが、盲導犬を必要とする視覚障害者は、4800人にものぼり、その数は以前として不足しています。

盲導犬を育てるには、多くの人の協力と資金が必要なのです。


深刻な悩み

上記の通り、盲導犬の数は、まだまだ足りません。
盲導犬を育てるには、期間として2年~3年かかります。資金も250万~300万円が必要です。
ですが、訓練センターの運営に必要な資金は、ほとんどを寄付や街頭の募金に頼っているのが現状です。

盲導犬以外にも、体の不自由な人たちを支える犬たち。

・ 介助犬
身体が不自由な人を助ける犬。落ちたものを拾ったり、お買い物もする。車椅子を押すことも。
・ 聴導犬
耳の不自由な人の代わりに色んな音を聞く犬。電話や警報機の音を聞いて教える。
・ セラーピー犬
さわったり、抱っこしたりして仲良しになる犬。心を穏やかにするセラピードッグとしての役割。

私達にも出来る支援があります!

~下記のサイトに寄付や支援ができるヒントがあります。 ~


TOPページ 季節の商品 機能性食品 自然食品 自然派化粧品
商品一覧 自然塗料 自然素材雑貨 オーガニックコットン 手作りブック

日本盲導犬協会

「一人で自由に外を歩けるようになって、社会復帰ができました」
「もう盲導犬のいない生活は考えられません」
「他の障害者のために、私に何かできることがないかと思っています」

視覚障害者の方が盲導犬を使い始めた時の言葉は感動的です。

しかし、盲導犬は絶対数が不足しています。
その理由の一つに、一頭の育成費用が約250万円かかるという資金的な問題があります。
育成費用の90%は寄付や募金によって支えられているのです。
あなたの暖かい心が、視覚障害者の社会参加の道をさらに広げます。
ほんの小さなことからも気持ちが伝わります。

あなたにできる方法で、ぜひ、盲導犬の育成支援に参加してください。

「盲導犬を支援する」サイト((財)日本盲導犬協会)


お友達に紹介してください
お友達にこのサイトを紹介する



行動しようTOPクリックで救える命がある恵まれない子供の為に盲導犬を支援するマイクロクレジット自家採取出来るタネ



盲導犬支援


 

マクロビオティック
E-mail sizen@syokuyo.com

Copyright (C) 2008 Makuro Jp Right Reserved.