マクロビオティック
機能性食品 自然食品 自然派化粧品 自然素材雑貨 ナチュラル衣料 自然塗料
意識を変える 私達に出来る事 賢い消費者に 社会起業 本当のお買物 広げよう

Home> 広げよう > マイクロクレジット

マイクロクレジット

必要なのは、援助でなく、融資!

「マイクロクレジット」という言葉を聞いたことがありますか?
「大企業にしかお金を貸さない」日本の銀行に慣れてしまっている現状。
マイクロクレジットとは、そんな私たちの発想にはなかった、“小額無担保融資”のことです。
最も持続的で効果的な貧困削減の手段とされ、いま世界中から注目が集まっています。


ノーベル平和賞受賞 貧困脱出の手がかりを提供するグラミン銀行設立秘話

貧しい人を助けるには、妥当な利子でお金を貸す機関が必要だ。
ムハメド・ユヌス教授はそう考え、まず銀行に話を持ちかけた。
ところが答えは「貧しい人はお金を返す能力がない。土地など担保がなくてはダメだ」
当時のバングラデシュの銀行の考え方は、今の日本と同じだった。
大企業や金持ちには金を貸し、借金をナシにしてやることもある。
でも、土地担保がない人には貸さない、というものだった。

既存の銀行に見切りをつけたムハメド・ユヌス教授は、貧しい人向けに、83年、グラミン(ベンガル語で「農民」の意味)銀行を作った。
貧しい人々に対し少額のお金を無担保で貸す、新しい銀行の誕生だった。


土地ではなく「信頼」が融資の決め手

融資の仕組みは既存の銀行とはだいぶ違う。

「借り手の返済能力」を土地ではなく「仲間からの信頼」で測る。

借り手は、5人で1組のグループを作る。それぞれが、竹細工や家畜の飼育、木細工など自分の仕事を持っている。 それぞれが自分の仕事に必要なお金や収益性について計画を立て、それをグループ内でチェックする。
グループのメンバーは同じ村に住んでいるので、お互いの性格や仕事ぶりをよく知っている。
「この人の計画には無理がある」と気づくのも容易だ。

お互いが励ましあい、アドバイスしあう構造が生まれるため、返済率は高くなる。
グラミン銀行総裁となったユヌス教授は、「これは慈善事業ではなく、きちんとしたビジネス。利子を取って収益を上げています」と言う。

実際に設立以来、約20年間で赤字は3期だけ。
2001年の最終利益は5900万タカ(約1億2000万円)で黒字。
2001年8月から02年7月までに、143億タカ(約295億円)を貸した。
返済率は98%、貸し倒れはわずか2%である。

私達にも出来ることがあります!

~下記のサイトに私達にも出来るヒントがあります。 ~


TOPページ 季節の商品 機能性食品 自然食品 自然派化粧品
商品一覧 自然塗料 自然素材雑貨 オーガニックコットン 手作りブック

グラミン銀行

日本人から見れば、グラミン銀行は小さな銀行だ。預金総額は71億タカ(約146億円)しかない。
数十兆円の預金総額を誇るメガバンクの1000分の1の規模である。
けれど「お金を貸して人の役に立つ」ことで利益を上げるという、本来銀行がやるべき仕事をきちんとやっている。
このことは、私たち日本人にも2つの大事なことを教えてくれる。

●金融システムの多様化。
既存のシステムは大企業など巨額の金だけのために動いている。
でも、貧しい人にお金を貸してきちんと返済してもらい、彼らを経済的に強化することで、社会全体を強くできる。
1997年にインドネシアやタイが金融危機に陥ったのは、ヘッジファンドが一度に資金を引き上げたことが原因。
普通の人の生活をよくするためには、グローバルな資金の流れとは切り離された、小規模で地域に密着した金融機関が必要。

●貧困を減らすには「援助」でなく「融資」が有効。
これまで主流だったのは、援助金や物資を送って貧困層を助けるという発想。
でも、他国から物や金をもらえると期待していては、いつまでたっても自立できない。
貧しい人々の生活を根本的に改善するには、自分の力で生活を支えられるように、起業の手助けや融資が必要。



お友達に紹介してください
お友達にこのサイトを紹介する



行動しようTOPクリックで救える命がある恵まれない子供の為に盲導犬を支援するマイクロクレジット自家採取出来るタネ



マイクロクレジット


 

マクロビオティック
E-mail sizen@syokuyo.com

Copyright (C) 2008 Makuro Jp Right Reserved.