マクロビオティック
機能性食品 自然食品 自然派化粧品 自然素材雑貨 ナチュラル衣料 自然塗料
意識を変える 私達に出来る事 賢い消費者に 社会起業 本当のお買物 広げよう

Home> 私達に出来る事

私達に出来る事

地球を救うことは、自分を救うこと。
大きな問題のようでいても、結局は私たち1人1人の意識と行動で未来も変わります。
グリーンコンシューマー(賢い消費者)が増えると世界が変わるといいます。
さあ!自分に出来ることから初めてみませんか。

日本人に生まれたから
先進国(便利・快適)の裏側で
世界で起こっている問題と私たちの日常がどんなふうに繋がっているかを知ることは、 私たちが出来ることを一人ひとり考え、行動していく指針になります。
ここでは、嗜好品の1つであるチョコレートを題材に、チョコレートが私たちの手に届くまでの経緯を見てみることにします。

社会起業家になる
ソーシャルイノベーション(社会起業家)とは
社会起業家は、お金儲けより、どれだけ社会貢献出来たかの精神的幸せを目指し、社会の課題を、事業により解決する人のことです。

社会問題を認識し、社会変革を起こすために、ベンチャー企業を興し、組織化、経営するために、起業します。

社会起業家により行われる事業は、社会的企業と言われています。
今なでの起業家は、典型的には儲けと自分にどの程度報酬があったかで、成功を計るのに対し、社会起業家は、社会にどれだけ貢献出来たかを成功の尺度にしています。

食べ物で世界が変わる
ベジタリアンになろう♪
なんで、ベジタリアンになると世界が変わるの?
日本に生まれたあなたがそう思うのは無理もありません。

ですが、世界ではベジタリアンは当たり前、マドンナや坂本龍一といった著名なアーティストも実践しています。

本当のことを知れば、、食べるということはどうゆうことなのか考えるようになります。
人道的、健康の為、環境の為、宗教上の問題、動物保護の観点、いろいろな考え方があると思いますが 一緒に考えてみましょう。

タネを育てよう
種(たね)を育てよう♪
F1でない在来種、伝統種の「たね」を育て、種を自家採取していくことです。これは個人でも出来ます。
元来、種子は、採種を繰り返すことで、その地域の気候風土に適応し、各地に多様性に富んだ豊かな食文化を育んできました。
たとえば、北と南で同じタネで大根を育てると何代か採種を重ねていくうちに、それぞれの地域に適した大根が育ちます。
このように大根一つでも地域の違いが出て、この違いが、固有の食文化を育み、多様な文化を形成するのです。
種を守り継ぎ、その地域に適応した種に育ててゆくことは、地域の食を守るということだけでなく、子供たちの未来のためにも必要なことです。
あなたの畑で、自家採種を繰り返すだけで、あなただけのオリジナルの作物が育ちます。

マイ箸を持とう
マイ箸(携帯箸)を持とう!
よく外食をする方は毎日のように割り箸を使っていませんか?
「割り箸は間伐材だから、森林破壊にならないんだよ」と言う方もいます。
でも、林野庁のデータによると。。。。
実際は、97%が輸入材、その大部分が中国産なのです。

現在、全国で消費されている割り箸は、年間257億膳といわれています。
これは標準的な2階建木造住宅に換算して、およそ2万棟分にあたる木材量です。

たった1回使って捨てられてしまう割り箸から、マイ箸に変える♪
たった一人からできること。「マイ箸の携帯」をはじめましょう!



TOPページ 季節の商品 機能性食品 自然食品 自然派化粧品
商品一覧 自然塗料 自然素材雑貨 オーガニックコットン 手作りブック

私達に出来る事のヒントがあるオススメ本

 [オススメ本1] チョコレートの真実
世界で最も愛されるお菓子・チョコレート。その甘さの裏には、苦い真実がある。――カカオ生産の現場で横行する児童労働の実態や、巨大企業・政府の腐敗。今なお続く「哀しみの歴史」を気鋭の女性ジャーナリストが危険をおかして取材した、「真実」の重みが胸を打つノンフィクション。

 [オススメ本2] 児童労働者とよばれる2億1800万人の子どもたち
この本には、児童労働の問題と解決への道筋が書いてあるだけでなく、売り上げの一部が、NGOの活動資金として使われる。

 [オススメ本3] 「社会を変える」を仕事にする 社会起業家という生き方
病児保育事業「フローレンス」代表として活動された駒崎弘樹さんが、自分の軌跡を語った本です。 社会的起業に漠然と興味がある人にとって、一つの具体的なケースとして必読な一冊。

 [オススメ本4] チェンジメーカー~社会起業家が世の中を変える
社会起業家とは、ソーシャル・ベンチャーと呼ばれる新しいタイプの社会事業やNPO、NGOを立ち上げた人のこと。著名な写真家である著者・渡邊奈々さんは、本気で世の中を変えようとしているユニークな社会起業家たちと出会い、インタビューを重ね、1冊の本にまとめ上げました。

 [オススメ本5] ベジタリアンの世界―肉食を超えた人々
狩猟や肉食を糾弾し拒絶するベジタリアンとは、戦争に異議を唱え平和を追求する者。ピタゴラス、ダ・ヴィンチ、ニーチェ…。古今東西のベジタリアンとベジタリアニズムの歴史から、食と生き方を考える。

 [オススメ本6] わたしが肉食をやめた理由
環境問題、食糧問題、健康への影響、動物を殺すことにまつわる倫理的問題、そして意外な結末までが、声高な正義感からではなく、体験と客観的な数字に基づいて平易に綴られています。



お友達に紹介してください
お友達にこのサイトを紹介する



意識を変えるTOP祈り合わせの力本質を見る輪廻転生予言

私たちに出来ることTOP日本人に生まれたから社会起業家になる食べ物で世界が変わるタネを育てようマイ箸を持とう幸せになるお買物

賢い消費者に地球にやさしいの嘘表示のカラクリペットフードの裏舞台動物実験による商品善意が作り出す功罪

買い物で世界が変わるTOPフェアトレードチョコレートカレー・紅茶健康食品・茶雑貨化粧品ペットフード

行動しようTOPクリックで救える命がある恵まれない子供の為に盲導犬を支援するマイクロクレジット自家採取出来るタネ



市民活動:消費者意識


マクロビオティック
E-mail sizen@syokuyo.com

Copyright (C) 2008 Makuro Jp Right Reserved.